トゥルースリーパー

【恐怖】トゥルースリーパーにカビは生える?カビ取り方法を調査

 

 

「トゥルースリーパーにカビが生えるの?」

「生えたときはどうしたらいいの?」

と疑問に思いますよね。

 

トゥルースリーパーも普通の寝具と同様に、干すなどして湿気を取り除かないと、カビが生えてしまいます。

 

カビを生えにくくする方法や対策、取り除く方法について詳しく紹介します。

 

 

>>トゥルースリーパー公式サイトはコチラです

 

 

トゥルースリーパーのカビを防止する3つの方法

 

 

トゥルースリーパーにカビが生えないようにする3つの方法をは、

  1. すのこを敷く
  2. 防湿マットを使う
  3. 陰干しする

です。

1つずつ詳しく解説します。

 

すのこを敷く

 

トゥルースリーパーを床に敷いている方は、「すのこベッド」や「すのこマット」を使うと、湿気を逃がして、カビを生えにくくすることができます。

 

※畳に敷いている場合は、畳の素材であるい草などに防湿効果があるため、基本的に使わなくても大丈夫です。

ただ、翌朝畳が湿っているという場合は、使用しましょう。

 

 

敷く順番は、次の通りです。

 

すのこベッド・すのこマットレス  →  敷き布団  →  トゥルースリーパー

 

トゥルースリーパープレミアケア布団タイプは、すのこの上に直接敷いても大丈夫です。

 

防湿マットを使う

 

防湿マットは、床とベッドどちらにも使えます。

 

床で防湿シートを使う際の順番は、

 

防湿シート  →  敷き布団  →   トゥルースリーパー

 

です。

 

ベッドで使う場合の順番は、

 

ベッドのマットレス  →  防湿シート  →   敷き布団   →  トゥルースリーパー

 

です。

 

トゥルースリーパープレミアケア布団タイプは、防湿シートの上に直接敷いても大丈夫です。

 

陰干しする

 

陰干しをすることで、湿気を取り除き、カビが生えにくくなります。

 

陰干しする場合は、

 

  • 直射日光の当たらない場所に干す
  • 家の中の風通しの良い場所に掛けておく

 

のがおすすめです。

 

 

陰干しする頻度は、できれば毎日するのがいいのですが、

 

  • 湿気の多い時期は2日に1回
  • 乾燥する時期は3日1回

 

にするのがおすすめです。

 

トゥルースリーパーコンフォートはカビが生えやすい?対策は?

 

トゥルースリーパーコンフォートや布団タイプなどは、直接床や畳に敷けるので、湿気がこもりやすく、カビが生えやすくなります。

 

なので、すのこマットレスや防湿シートを敷いてから、コンフォートや布団タイプなどで眠るようにしましょう。

 

 

トゥルースリーパーのカビやカビ臭さを取り除く3つの方法

 

 

カビを取り除くには3つの方法があります。

 

エタノールを使う

 

ドラッグストアなどに売っている「消毒用エタノール」を使います。

 

ボトルタイプとスプレータイプがありますが、ボトルタイプの場合は、霧吹きに移し替えて使うのがおすすめです。

 

 

  1. エタノールをカビにまんべんなく振りかける。
  2. 1時間ほど放置。
  3. ぬるま湯に雑巾を入れ、絞る
  4. 雑巾で、叩くように拭き取る
  5. 気になるようなら、1~4を数回繰り返す
  6. 最後に陰干しをしてしっかりと乾す

 

それでも落ちない場合は、カビ用洗剤を使います。

 

酸素系漂白剤を使用する

 

酸素系漂白剤を使います。

 

 

カビ用洗剤は、刺激が強く、肌に悪影響が出る可能性があるので使用はおすすめしません。

なので「酸素系漂白剤」がおすすめです。

 

 

液体の場合はそのまま使い、粉末の場合は、溶かして霧吹きなどに入れてから使いましょう。

 

 

  1. 液体の酸素系漂白剤をカビ部分に染みこませる
  2. 色が落ちるまで放置する
  3. 雑巾などをぬるま湯につけてしぼる
  4. 雑巾で叩くように拭き取る
  5. 臭いが消えるまで拭き取る
  6. 最後に陰干しでしっかりと乾かす

 

 

クリーニングで丸洗いする

上記の方法を試してもダメな場合は、クリーニングに出すという方法があります。

ただ、地域によっては送料の方が高く付く場合があるので、事前に送料まで確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

【暴露】トゥルースリーパーはクリーニングできない!?真相を徹底解説

 

 

カビが生えたトゥルースリーパーを洗濯することはできないのか?

 

 

トゥルースリーパーは、素材がウレタンでできており、ウレタンは水に弱いので洗濯することはできません。

 

ただ、トゥルースリーパーセロだけは、水洗いすることができます。

 

 

詳しいお手入れ方法は、コチラの記事をご覧ください。

 

【完全保存版】トゥルースリーパーの詳しいお手入れ方法を暴露します!

 

 

カビが生えたトゥルースリーパーの買い換え時は?

 

トゥルースリーパーにカビが生えた祭の、買い換え時は、

  • 上記で紹介したカビを取り除く方法を試しても落ちない場合
  • カビが広範囲に生えている場合

です。

 

この場合、カビを落とすのが難しく、またカビが生えたマットレスを使い続けると体に悪影響が出る可能性があります。

 

カビを落とすのが難しいと感じたらすぐに交換しましょう。

 

 

>>トゥルースリーパー公式サイトはコチラです

 

 

 

低反発ウレタンマットレスにカビが生えやすい理由

 

 

トゥルースリーパーに、カビが生える原因は、素材がウレタンで通気性が悪いためです。

寝汗など湿気がたまっても、通気性が悪いため抜けにくく、カビが生えやすくなります。

 

 

トゥルースリーパーに汗がたまらないようにする方法

 

 

トゥルースリーパーに汗がたまらないようにする方法は、敷きパッドを使用することです。

 

保護専用カバーやシーツだけだと、汗がトゥルースリーパーにたまってしまいますが、

敷きパッドだと汗が伝わりにくいのでおすすめです。

 

 

夏の暑い時期などは、冷感パッドを敷くと、涼しく快適に眠ることができます。

 

 

トゥルースリーパーの素材は、ウレタンなので通気性が悪く、汗などの湿気がたまりやすくなってしまいます。

そうすることでカビが生えやすくなってしまうので、敷きパッドはおすすめです。

 

トゥルースリーパーに赤カビ!?赤く変色した場合は?

 

トゥルースリーパーが赤く変色した場合は、カビである可能性が高いです。

 

落とす方法は、カビを取り除く方法をためしてみましょう。

 

赤カビは、通常のカビより落としやすいので、まずは上記の方法を試してみることをおすすめします。

 

赤カビは水気の多い場所に発生することが多いので、こまめに干すことで防ぐことができます。

 

防カビ仕様のトゥルースリーパーを紹介

 

 

防カビ仕様のトゥルースリーパーを紹介します。

 

トゥルースリーパープレミアケアです。

 

プレミアケアは、防カビ仕様になっています。

トゥルースリーパーは、ウレタン素材なので、通気性が悪くどうしてもカビが生えやすくなってしまいます。

しかし防カビ素材なので、カビが生えにくく、清潔に保つことができます。

マットレスは、毎日使う物なので、清潔に保てるのは嬉しいですよね。

 

>>プレミアケアを公式サイトでチェックする

 

欲しいけど、「トゥルースリーパーを実際使った方の口コミも気になる」という方は、こちらの記事をご覧ください。

腰痛で熟睡できなかったのがマットレスを変えただけで改善された話

まとめ

 

トゥルースリーパーにカビが生えたときは、

 

エタノール → 酸素系漂白剤 → クリーニング

 

の順にためしてみることをおすすめします。

 

 

カビの度合いがひどい場合は、呼吸器系の病気になる可能性もあるので、買い換えた方いいと思います。

 

カビが生えないようにするには、

床に敷いている場合は、

  • 「すのこマット」や「すのこベッド」を敷く、
  • 防湿マットを床やベッドに敷く、
  • 陰干しする

とカビが生えにくくなります。

 

カビが生えにくいトゥルースリーパーがあります。

トゥルースリーパープレミアケアです。

プレミアケアは、防カビ仕様なので、カビが生えにくなっています。

カビが生えるのを抑えてくれるので、毎日安心して使うことができますよ。

 

>>トゥルースリーパープレミアケア公式サイトはコチラです

 

-トゥルースリーパー

Copyright© トゥルースリーパー完全解説サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.